資産を守る相続対策 適切な相続対策による資産継承・事業継承をサポート

ホーム » 相続セカンドオピニオンサービス紹介 » 相続事例集 » 9. 根抵当権変更を忘れていると、歯科診療所がつぶれる?

相続事例集

9. 根抵当権変更を忘れていると、歯科診療所がつぶれる?

親子で歯科診療所を経営されていた、隼人先生(仮名)と、父の勝先生(仮名)。勝先生は、信用金庫より借入をし、最新の診療所設備を導入することで、患者様の人気とレセプト枚数を維持していました。過去に、デジタルレントゲン、レーザー治療機器、電子カルテシステム等、メーカーの営業マンと相談しながら購入していました。今回、歯科用CT設備を購入しましたが、メーカーとの取り決めにより(大幅な値下げをした)、設備が納品されるまで3か月も待たされていました。借りた設備資金でのメーカーへの支払いと収入反映にタイムラグがでて、資金繰りが厳しくなっていました。

幸い、勝先生は、不動産を所有していたので、地元の信用金庫から、根抵当権を設定してつなぎ融資を受けられましたので、なんとか資金も回せていました。信用金庫にとっても、しっかりとした担保を提供する勝先生は、万が一の時にも安全である貸出先だったのです。

そんな勝先生が亡くなってから5か月後、ご息子の隼人先生から、「信用金庫から、『早く不動産の手続をしないと、お金をもう貸さない』と言われ困っている、何とかしてほしい。」と相談がありました。

系図

後日、不動産調査の結果、隼人先生は次のことを知りました。

調査で発覚した問題点
根抵当権の債務者 不動産に徹底されている根抵当権の債権者が、父になっている
根抵当権の債務者を自分(隼人先生)に変更していないから、
 信用金庫から融資を受けられない
根抵当権の変更期限 根抵当権の債権者を自分(隼人先生)に変更できるのは、
 父を亡くしてから半年以内であり、
 あと1ヶ月であること(民法398条の8)
出来るだけ早くご相談を!

早急に手続をする必要性を感じた隼人先生は、無事に根抵当権の債務者変更を済ませ、信用金庫から融資を受けることができました。
現在、隼人先生は、信用金庫と良好な関係を維持しながら、勝先生から引き継がれた診療所を切り盛りされ、矯正やインプラント等自費治療の分野にチャレンジしつつ、診療所を拡大されていらっしゃいます。

どの手続もそうですが、根抵当権の名義変更はできるだけ早くする必要があります。金融機関から融資を受けている場合や継続中などは、被相続人と相続人の担保能力がそれぞれ違いますので、早急に進めてください。

また、融資を完済された場合に根抵当権を残している場合がありますが、今後融資の予定がない場合には、抹消登記したほうがよいでしょう。しかし、融資予定がある場合は、極度額範囲で資金を借りることが出来ます。その際には、新たな担保設定をしなくてもよいので便利です。

歯科診療所の借入金は、設備購入のための借入や、人権費や薬剤費支払のための事業資金があります。それぞれの目的、金利、返済期間、担保の有無、金融機関先を考慮し、返済計画を考えたほうがよいでしょう。

こうすればよかった→根抵当権の名義変更は出来るだけ早く!
  • 根抵当権の債務者を変更しないと、融資を受けられない。
  • 根抵当権の変更は半年以内に手続きを。
根抵当権とは
一定の種類の債権を、極度額を限度として担保するために、不動産に設定される権利です。ここでいう、債権とは、「お金を払ってください」と言える権利です。一定の範囲の債権とは、「お金を払ってください」と言える権利の発生する取引が、「銀行取引」「金銭消費貸借取引」といった具合に、一定の範囲に限定されている債権のことです。
たとえば、銀行が、債権の範囲を「銀行取引」、極度額5,000万円で、お金を借りる方の不動産に根抵当権を設定したとします。この場合、銀行は、お金を貸す、返済を受ける、を繰り返しても、5,000万円の範囲で不動産を担保に取っている状況を維持できます。
民法 第398条の8(根抵当権者又は債務者の相続)
  1. 元本の確定前に根抵当権者について相続が開始したときは、根抵当権は、相続開始の時に存する債権のほか、相続人と根抵当権設定者との合意により定めた相続人が相続の開始後に取得する債権を担保する。
  2. 元本の確定前にその債務者について相続が開始したときは、根抵当権は、相続開始の時に存する債務のほか、根抵当権者と根抵当権設定者との合意により定めた相続人が相続の開始後に負担する債務を担保する。
  3. 第398条の4第2項の規定は、前2項の合意をする場合について準用する。
  4. 第1項及び第2項の合意について相続の開始後6箇月以内に登記をしないときは、担保すべき元本は、相続開始の時に確定したものとみなす。

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問い合わせ・ご相談お申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする