学びコンテンツ

ホーム » 学びコンテンツ » 特別レポート集 » 生活者338人に聞いた「歯科医療費の話」1

特別レポート集

生活者338人に聞いた「歯科医療費の話」

vol.1 保険診療と自費診療の選択 1

20歳以上、65歳未満の男女338人(男女比同じ)に年齢層を5年単位で均等割りしてアンケート調査をお願いしました。地域の内訳は、関東地方が41.4%、近畿地方16.6%、中部地方13.0%、九州地方9.5%の順でした。58.3%が既婚で、51.5%が子供ありと回答しました。シェアテックを含めクレジット業界の顧客分布からすると、各社共通して、首都圏、近畿に比べ、中部地方のクレジット利用率が有意に低い(愛知は、福岡、熊本などよりも利用率が低い傾向)ことが知られています。分割払いなども積極的でなく、お金を貯めて多額の支出をする堅実な生活様式が特徴的なのであり、他の地方に比べ、自費診療の選択が少ないということはありません。しかし、今回の回答者の地域分布は、首都圏、近畿、中部、九州の順となっていて、歯科医療需要の実態をある程度正しく反映したものと言えるでしょう(図表1〜3)。

図表1:年齢の分布
グラフ:年齢の分布
図表2:地域の分布
グラフ:地域の分布
図表3:職業の分布
グラフ:職業の分布

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする