保険の上手な使い方合理的な相続対策賢い不動産活用歯科医の味方とは学びコンテンツ

学びコンテンツ

ホーム > 学びコンテンツ > 特別レポート集 > 都市圏における訪問歯科診療の利用実態調査

特別レポート集

都市圏における訪問歯科診療の利用実態調査

これまで、高齢者施設における訪問歯科診療(特に高齢者を日常的に専門的な口腔ケアの必要な人たちと考えて医療サービスを提供するケース)については、その実態が必ずしも明らかになってきませんでした。

本来は歯科的なケアが提供しうる健康度、生活の自立に関する効果は、非常に大きいものと期待されています。
しかし、施設単位の訪問診療では「患者の治療ニーズ=主訴」がはっきりしないケースが多くあります。また、訪問歯科診療ではクリニックとは比較にならないアウェーの条件下であり、かつ、認知症の高齢者に対応する高度な経験が求められることも多いのが実際のところです。
それ故に、患者は満たされない思いを抱きながら、口腔機能の改善について願望のレベルを下げることで現実を受け容れています。
生活の質をケアするのが本分である歯科が、必ずしも明確な効果を挙げるには至っていません。むしろ、ニーズが明確でないために効果測定ができない現状にあるとも言えます。

そこで、施設訪問歯科の価値を将来的に高めていくため、都市圏の高齢者施設における訪問歯科診療の実態を調査しました。
本アンケート調査は、大阪市を調査対象地域として高齢者施設へ電話ヒアリング調査を行ったものです。

※本アンケート調査は、シェアテック・リサーチラボが実施した結果資料を基に、医療ジャーナリスト秋元秀俊氏が考察を加えたものです。

【考察編】
1. はじめに【このコンテンツのみ会員以外の方にもご覧いただけます】
2種類の異なる訪問歯科診療
治療ニーズが表に出て来ない施設訪問歯科
痴呆のグループホームで、未だ成果を挙げられていない
2. 調査の概要・回答者のプロフィール【2.以降のコンテンツは、会員の方のみご覧いただけます】
調査の概要
回答者のプロフィール
3. 利用形態
4. 利用内容と満足度
グループホーム=認知症入所者では満足は得られていない
サービス提供者の論理では十分な満足は得られない
訪問歯科を受けず、通院を選ぶ興味深い理由
5. 利用金額・入所者の自己負担
諦めている高齢者・介護者のニーズは眠っている
【報告資料編】
1. 高齢者施設における訪問歯科利用状況の調査結果分析
アンケート回答施設の概要
2. 調査の集計結果 1. 訪問歯科利用状況について
1-1. 訪問歯科利用の有無
1-2. 訪問歯科の利用形態
3. 調査の集計結果 2-1. 訪問歯科利用の内容について
4. 調査の集計結果 2-2. 訪問歯科の利用人数
5. 調査の集計結果 2-3・4. 訪問歯科の利用頻度・利用回数
6. 調査の集計結果 2-5. 訪問歯科の利用金額
2-5-1. 介護保険制度の利用金額
2-5-2. 自己負担の利用金額
7. 調査の集計結果 2-6. 訪問歯科の満足度
2-6-2. 訪問歯科利用における満足度の理由
8. 調査の集計結果 2-7. 訪問歯科利用の担当
9. 調査の集計結果 3. 訪問歯科を利用していない施設
3-1. 今後の訪問歯科の利用意向
学びコンテンツメニュー
学びトップ
特別レポート集
保険を記事で学ぶ
相続を動画で学ぶ
相続を記事で学ぶ
不動産を動画で学ぶ
不動産を記事で学ぶ
動画プレイヤーと動作環境について
会員ログイン
メールアドレス
パスワード
ログイン
無料会員登録はこちら
無料会員登録で1000ポイント
もっと詳しく見る