保険の上手な使い方合理的な相続対策賢い不動産活用歯科医の味方とは学びコンテンツ

学びコンテンツ

相続を記事で学ぶ

贈与のポイント

vol.1 そもそも贈与とは?

贈与とは、財産をあげる人(贈与者)・もらう人(受贈者)が互いの合意のもと財産を移転することです。

贈与の成立

双方が合意していれば、口約束であっても贈与の契約は成立しますが、契約書などの記録を残しておくほうがベターです。

贈与をしたつもりが、認められない場合も!

次のような場合、贈与としては認められず、相続時に相続財産として課税されます。

●子供に内緒で積み立てた、子供名義の貯金
→ 贈与の意思を子供に伝え、承諾を得ましょう
●贈与者が銀行口座を開設し、通帳・印鑑も保管
→ 受贈者が自分で口座をつくり、通帳・印鑑の管理もしましょう
●現金で財産を受け取る
→ 記録を残す必要があるので、銀行振り込みを利用しましょう
●毎年同じ時期に一定額を振り込んでもらう
→ 贈与の時期や金額は変化を付けましょう
※たとえば毎年200万円ずつを5年にわたり贈与してもらった場合、「1000万円の贈与を分割で支払っただけ」と見なされ、初年度に1000万円の贈与税の申告が必要になる場合がある
●贈与契約書は作っているが、財産の名義変更をしていない
→ 不動産によく見られるパターンです。名義変更を忘れずに!

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問合せ・相談申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介
学びコンテンツメニュー
学びトップ
特別レポート集
保険を記事で学ぶ
相続を動画で学ぶ
相続を記事で学ぶ
不動産を動画で学ぶ
不動産を記事で学ぶ
動画プレイヤーと動作環境について
会員ログイン
メールアドレス
パスワード
ログイン
無料会員登録はこちら
無料会員登録で1000ポイント
もっと詳しく見る