学びコンテンツ

ホーム » 学びコンテンツ » 相続を記事で学ぶ » 遺言のポイント1

相続を記事で学ぶ

遺言のポイント

vol.1 遺言を書く前に、知っておきたい相続のルール

そもそも相続とは

相続とは、ある人が亡くなった場合、その亡くなった人(=被相続人)の財産上の権利・義務を、その人の配偶者や子供、親など、一定の身分関係にある人(=相続人)が受け継ぐことです。

もしも、相続人以外に財産を残したい場合は…

○ 遺言がある
→ 相続人以外の人に財産をのこせる
× 遺言がない
→ 相続人以外の人には財産はのこせない
○ 生命保険の死亡保険金受取人指定
→ 一定の範囲内で、相続人以外にも財産をのこせる
法定相続人・法定相続分のルールとは

民法では、被相続人の財産の承継人(法定相続人)の範囲・順位と、法定相続人が取得できる遺産の割合(法定相続分)が、次のように定められています。
※しかし、あくまでめやすであり、遺言がない場合、財産の分け方は話し合いで決めます。

〈第一順位〉配偶者と子供が相続人の場合→ 配偶者1/2:子供1/2 ※子供が複数人いる場合は、1/2の財産を子供の人数で等分する
〈第二順位〉配偶者と直系尊属(父母)が相続人の場合→ 配偶者2/3:直系尊属1/3 ※父・母とも健在の場合は、1/3の財産を2人で等分する
〈第三順位〉配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合→ 配偶者3/4:兄弟姉妹1/4 ※兄弟姉妹が複数人いる場合は、1/4の財産を人数で等分する
ポイント
  • 配偶者は常に相続人
  • 下順位の人は、上順位の人がいない場合に相続人となる

相続でお悩みの方は、相続セカンドオピニオンサービスをご利用ください。

お問い合わせ・ご相談お申し込み
※ご利用頂くには、当サイトへの会員登録が必要です。
※本サービスは現時点では、東京都・大阪府のみのサービスとなります。
サービスの詳しい内容はこちら → サービス紹介

会員ログイン

メールアドレス

パスワード
ログインする